転送歓迎との事なので、ご紹介します。

宿泊施設のユニバーサル・デザイン
主催 日本トイレ協会ノーマライゼーション研究会
共催 日本福祉のまちづくり学会
ユニバーサル・デザインの掛け声のもと、
公共交通機関や公共に開かれた建築物の整備は着実に進んできましたが、
宿泊施設の客室に関しては立ち遅れたままでした。
2006年から施行されたバリアフリー新法において、
初めて宿泊施設の客室についての規定が設けられ、
その整備が緒に就くこととなりましたが、
具体的な整備方法はまだ手探りの段階であり、
取り組みが遅れたぶん、実際の経験もまだ十分ではありません。
宿泊施設といってもいろいろなタイプがあり、
それぞれにハードや人的対応における考え方や手法は異なります。
そこで今回は異なるタイプの宿泊施設の先進的な事例を紹介し、
さらに質の高い取り組みを考えていきたいと思います。
日時:2008年7月4日(金)(18:00開始予定)
場所:日本大学理工学部駿河台校舎 1号館2階 121会議室
(http://www.cst.nihon-u.ac.jp/map/suru.html)
プログラム:
18:00-18:10 ごあいさつ
【第一部】各種宿泊施設での取組み事例
18:10-18:35  (ビジネスホテル)東横インの取り組み(25分)
飯島美佐緒さん、梅田 洋子さん
18:35-19:00 (ペンション)伊豆大島 すばるの取り組み(25分)
下田 昭彦さん
19:00-19:25 (シティホテル)京成ホテル ミラマーレの取り組み(25分)
秋元 昭臣さん
【休憩】
【第二部】 シンポジウム ユニバーサルな宿泊施設に向けて
19:35-20:30 第一部の発表者+ 司会:川内 美彦(東洋大学)
参加料:一般 3000円/学生 1500円(当日、会場にて)
お申し込み先
氏名・所属・連絡先(電話、あればメールアドレス)を、下記までお知らせ下さい
設計事務所ゴンドラ(担当:浅井・鳥海)
(http://gondola-archi.com/)
TEL 03-5805-3556
FAX 03-5805-3557
Mail info@gondola-archi.com
(情報保障の必要な方はお申し込みの際にお知らせください)
以上です。
広告