GUNSLINGER GIRL 10 (電撃コミックス)

「最後」が近い事を悟る彼女。ずいぶん、泣き上戸になった。

「最後」を1秒でも永らえようとする彼。昔のように、無茶をするようになった。

彼らは、何を願うのか?彼らは、どこへ辿り着くのか?

なんとなく「ダイの大冒険」のポップの名台詞「閃光のように!」を想起させる。そして物語の終わりも感じさせるVol.10でした。

広告