日経BPネットの記事によれば、菱重輸送機器エンジニアリング株式会社のバリアフリー旅客搭乗橋が、2010年10月オープン予定の羽田空港新国際線旅客ターミナルに採用された模様です。空港ビルと旅客機を結ぶPBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)のトンネル通路内の段差をなくしたもので、導入は世界初だそうです。

アレがバリアフリーになるのは良いですね。

こんな感じで、電車とホーム間のバリアフリーもいつか広まって欲しいなあと思います。

広告