Q:徹底レビュー中!

2時間半の間に書かなければならなくなったため、試聴と並行してレポートします。

ようやく手に入れた光ケーブルを

  • DVD/CD: PS2
  • フロント: AirMac Express

のようにアンプへ接続して、準備OK。

あ、一部のモニターさんが指摘していたように、アンプ本体のノイズが気になりました。改善すると良いのですが。

PS2起動

PS2を起動し、システム設定で「光デジタル出力:入」に切り替えた瞬間、世界が変わりました。

PS2はシステム環境音として波打ち際のサウンドスケープを用いていますが、まさに自分がいまどこかの浜辺に立っているかのような錯覚を覚えました。これは凄い。

DVD「ワールドラリーヒストリー 1950~1989」

おお、悪くない…でも臨場感がない…?よく聴いてみるとトップスピーカーから音が出ていない。そしてDVDケースのラベルを読み返す。

「モノラル」

却下ーーーー!

DVD「アストル・ピアソラ『ライヴ 1984』」

これもイイ。臨場感が尋常じゃない。ステージが目前に迫ってくるかのよう。

ただ、やっぱりトップスピーカーから音が出ない!

DVD「7人の侍」

これも臨場感が出ててイイ感じになってます。

やはりトップスピーカーから音が出ない。5.1chのソースってあったかなぁ…

DVD「カウボーイ・ビバップ the compilation 1」

ありました、5.1chソース!

トップスピーカー、キターーー!

素晴らしい。サラウンドで「Tank!」聞くとこんななのか!そして戦闘機「ソードフィッシュ」の飛行音が…良い…。

DVD「秒速5センチメートル」

割と最近のDVD。残念ながら5.1chではなく。それでもかなり映画館気分で楽しめました。

DVD「海の上のピアニスト」

もう1本、5.1chソースがありました。

うおおおおー!映画館の感動がよみがえるー!

マックスの語り。機関室の喧噪。潮騒。壮麗な音楽。ガラスが割れる音。

iTunesで試聴

MacBookのiTunesの音源を、AirMac Expressを経由して視聴しました。結果は概ねいい感じ。

オーディオ評価用プレイリストの楽曲を一通り鳴らしてみましたが、どれも概ね持ち味が出ていたと思います。私のリファレンス曲は下記のような感じです:

  • Didier Squiban「Nominoe」(ピアノ低音)
  • 松谷卓「Toccatina」(ピアノ高低音)
  • Dream Sound Factory「Rise」(ハウス系音源)
  • 加藤登紀子「時には昔の話を」(ライブ感)
  • J.S.バッハ「トッカータとフーガ」ストコフスキー編曲版(ベース音)
  • すぎやまこういち「ロトのテーマ」(金管音)
  • 小曽根真「reborn」(ピアノの打鍵音)
  • The Black Mages「Clash on the Big Bridge」(ロック系音源)
  • 坂本龍一「Self Portrait」(ピアノの透明感)
  • J.S.バッハ「Suite No.1 Prelude」by 清水靖晃(残響音)
  • J.S.バッハ「Air」by L.ストコフスキー(ストリング系)
  • ポンセ「Scherzino mexicano」by J.ウィリアムス(ギター曲)
  • マイヤーズ「Cavatina」by J.ウィリアムス(ギター曲)
  • ヴィヴァルディ「トリオソナタ ハ長調 RV.82」(チェンバロ音)
  • A.ヨーク「サンバースト」by J.ウィリアムス(ギター曲)

強いて言うと、極低音部の発音が不明瞭になる傾向があるような気がしました。「Nominoe」「Toccatina」「トッカータとフーガ」等で感じました。

以上

Q:の音、エージング(慣らし)すればもっと良くなっていくのでしょうか?だとしたらかなり素敵なオーディオです。

駆け足で申し訳ありませんが、試聴レポートでした!

[rakuten:forza:402419:detail]

ライブ1984 [DVD]

ライブ1984 [DVD]

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

海の上のピアニスト [DVD]

海の上のピアニスト [DVD]

広告