某漫画家さんのブログに影響されて、主に「空」に関する本を何冊か図書館から借りてきました。品揃え豊富でいつも助かります。

空の名前

雲図鑑+ビジュアル版歳時記といった感じ。毎日空を見上げるのが楽しくなる本。

「あの雲はなんて言うんだっけ・・・?」

星空の神々―全天88星座の神話・伝承

全ての星座の出自までは知らなかったので満足。星座の数が88に定められたのは1930年。つい最近なんですね。また、プトレマイオスが定めた48星座以降はろくな神話がついてない事が判明して軽くショック。

「聖闘士星矢」の設定は・・・w

星座図鑑 ヴィジュアル版

横浜の夜空だとあまり参考にならないのが残念。それでも「冬の大六角形」が確認できて満足。

長野とか、星が綺麗に見える場所へ行く時に持っていきたい。

目からウロコの脳科学

番外。一度は読んで欲しい「家庭の脳科学」書。ただ「クオリア」に関する論述が物足りない。

第2章「脳と障害」はちょっとキツかったかも。

以上

面白かったー。また読みたくなったら借りてこよう。

広告