ITコンサルティング・ファームアライド・ブレインズが、政党ウェブサイト全ページクオリティ実態調査を実施し、2009年2月13日に調査結果を発表しました。

これを受けていくつかのメディアが報道しています:

今回も、同社の品質解析プログラム「CRONOS2(クロノス2)」を用いて調査され、米共和党の先進性と、その他政党の低クオリティぶりが明らかにされた格好です。

なお、なぜ「日米韓」を選んだのかは明らかになっていません。

広告