東京オペラシティ コンサートホールにて、ピアニスト梯 剛之のリサイタルがありました。

エリーゼのために WoO.59

遅刻。聞き逃す。

終わったところで桟敷席に滑り込む。狭い。

7つのバガテル op.33

梯、場内が静かになるのを待つ。

…弾き始める。あふれ出す濃厚な音。痺れるような重低音。変わらない。梯の本質は何年経っても変わらない。まるで濃厚なワインを椀子そばのように注がれ続けているような、めくるめく音の嵐。これこそ梯だ。

エロイカの主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調 op.35

酩酊。あまりに濃厚で重厚な音に包まれて酔う。

ぼんやりしてクラクラしてるうちに終了。

休憩

梯の両手が、指先を除き白い布で覆われていた。腱鞘炎か?

ピアノはスタインウェイではなくベーゼンドルファー。変えたか?

ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57「熱情」

爆発するフォルテシモ。もはや轟々たる雷鳴。

第2楽章でも重々しさは変わらない。濃厚。ひたすらに濃厚。途中から少し甘やかさが加わったか?

間髪入れず第3楽章に移行。斬馬刀で切り刻まれるような激しさと力強さ。

万雷の拍手。

ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110

今日一番の優しいタッチで始まるが、やがてお得意の豪音。再び優しいタッチ。入れ替わり、立ち替わり。

最終楽章。優しく暗く甘い。これが晩年のベートーヴェン。ショパンを思わせるロマン性。

万雷の拍手。万雷の拍手。

アンコール

まずは月光ソナタ第1楽章。暗く甘い。暗く甘い。大変に美味しい。

万雷の拍手に包まれて、再びアンコール。

ピアノ・ソナタ第7番より第3楽章・メヌエット。

穏やかな軽やかな。花園で遊ぶような。

梯、弾き終わってピアノの蓋を「きぃー、ぱたん」。

終了。

振り返って

数年ぶりに梯さんのライブを聴きましたが、やはり凄いの一言。音質が他のピアニストと一線を画します。

ただし音があまりに濃厚なので、連続して聴くのはちょっと疲れるかなーという面もあります。

CDで聴くくらいがちょうどいいのかも知れません。何枚か出ているので、試してみてはいかがでしょうか。

プレイズ・ショパン
梯剛之, ショパン

プレイズ・モーツァルト
梯剛之, モーツァルト

伝説のライヴ
梯剛之, モーツァルト

熱情
梯剛之

広告