夢を見ました。

天空高くそびえる東京タワー(?)へ屈強な男達にソイヤーと投げ飛ばされ、無限とも思える登頂を目指す(なぜかNASAと競ってたりする)。遂にたどり着いた頂からふわりと飛び立った先は、無重力の…

みたいな感じ。訳が分かりませんねw

というのも、昨夜ふたつのスピカ 15を読んだからに相違ありません。宇宙飛行士を目指し宇宙学校で互いに競い合い、励まし合って進んできた物語、ついに主人公たちが一つの終着点に辿り着きました。

4年生に進級できるのはたったひとり。そのひとりが決まれば、あとはみんなそれぞれ新しい進路に向けて、歩きはじめます。府中野、ケイ、マリカ、そしてアスミ……。ついに宇宙学校を卒業する日がきます。

ついに、ここまで来た。宇宙へと至る糸は、たった1本。その糸を掴むのは誰か。みんなの進む先は。…あの大ゴマは反則だ。

次の16巻で最終刊。10月23日発売予定とのこと。遠いとは思いません。9年、待ったのですから。

広告