Category: culture


自炊をしています

書籍を裁断してスキャンし、デジタルデータに変換する行為、通称「自炊」をよく行っています。ただし面倒であまり楽しい作業ではないため、ハマってる、とは言えません。
面倒なのに自炊を行っているのは、本棚からあふれそうな本をスッキリしたかったからです。
いったいどんな作業がなのか、ちょっと書いてみましょう。

まず、本のバラし作業。大型の裁断機なら不要な作業ですが、ウチはペーパーカッターで裁断するので10枚単位に手でバラす必要があります。この作業は一冊あたり5〜10分くらい。

バラしたら裁断作業。ペーパーカッターで書籍ののり付け部分を裁断。この時のりが残ってる場合があるのでパラパラめくってチェック。この作業は一冊あたり大体15〜20分くらい。

裁断したらスキャン作業。ウチのドキュメントスキャナはScanSnap S1300というエントリーモデルなのでやや低速ですが、スキャンそのものよりPCに取り込む際の変換処理のほうが時間がかかる感じです。一冊あたり大体20〜30分くらいでしょうか。なお、ウチのMacBook Airだとスキャンがやたら遅いのでWindowsノートにやらせています。生成したPDFファイルはNASに保存。

スキャンが終わったら、生成したPDFファイルの目視チェックです。向きがおかしいページがないかざっとMacBook Airのプレビューアプリで見ます。大体一冊あたり2〜3箇所は見つかるので修正して保存。

以上。コミック本だと一冊あたり40分くらい、厚めの文庫版コミック本だと60分くらいでしょうか。今はまだコミック系しか自炊してません。

実際、自炊ってかなり疲れる作業です。400ページオーバーの本になるとくじけそうになります。スキャン作業で紙詰まりならともかくページ飛ばしが発生すると泣きたくなります。でもやらなきゃスペースが空かないから頑張る。

問題点としては、自炊をバリバリやってると「何でこんな手間と時間のかかることをやってるんだろう俺……」という気分になることがあります。このへんはメリット・デメリットのバランスが微妙ですね。

まぁ誰かの参考になれば幸いです。

マタイじゃないよ。ヨハネだよ。

パンフレット&チケット

13:30

神奈川県立音楽堂にて、当日券購入。7列25番をチョイス。開場まで暇なのでチラシに一通り目を通す。要らないのを捨てる。2枚保留。荷物を無料ロッカーに預ける。

14:00

開場。座席チョイス大正解、かなり良い位置。但し古いホールなので椅子が狭い狭い。荷物を預けたのも大正解。ステージには、鮮やかな紅の「ラウテンクラヴィーア(リュートチェンバロ)」が中央に鎮座。

ラウテンクラヴィーア

脇に配置されたチェロ、コンバスが対象的に古めかしくて渋い。

舞台全体

14:15

プレトーク開始。ヨハネ受難曲について。成り立ち、構成など。マタイとは一味違うらしい。あとリュートチェンバロについて。ガット弦が張られた特殊なチェンバロで、日本に2台しかないらしい。ソロパートが少し弾かれたが、期待してたよりも割と金属的でちょっと残念だったり。

15:00

開演。指揮者兼リュートチェンバロの渡邊氏、立ったり座ったり忙しいこと。タイミング間違えやしないかとヒヤヒヤする。

リコーダー?がのっぺりしててなんかヤだった。

16:00

休憩を挟んで第2部。エヴァンジェリスト(福音史家)役のエルウィス氏が座っている時、靴下が緩んでスネが見えちゃってることに気付く。立ち姿はビシッと決まっているだけに、面白過ぎた。

17:30

終演。正直長くてキツかった。コラールは美しかったので、今度CD借りようと思う。

雑感

「ヨハネ受難曲」におけるイエスの最期が、映画「ラストサムライ」における勝元盛次(渡辺謙)の最期に似ているように思えた。

  • イエス「成し遂げられた!」ガクッ → 使徒「おお主よ!」
  • 勝元「完璧だ!」ガクッ → 兵隊(無言で土下座)

本懐を遂げて死んだ武士は神格化される。死んだ瞬間、イエスと勝元は同格となる。そう考えれば「ラストサムライ」は武士道の西洋人による純粋な体現ではなかったとも考えられる。かな?かな?

というわけで武士道や聖書をもっとよく知りたくなった。

今回はアンコールを聴かずにホールを抜け出した。

彼の剛音は相変わらず流石なのだが、何か違和感を感じた。打鍵後の響きがどうも宜しくない。決して間違えてるわけではないのだが、何か後味の悪い発音で、耳障りに感じた。しまいには頭痛がしてきたので早めに退場してきた次第。

会場が

  • 空調寒い
  • 客入り悪い
  • 3階席だと音響悪い

のも気になった。特に空調。風邪ひきそうだった。頭痛はこっちが原因かも。

正直、有意義な2時間とは言えなかった。彼のリサイタル、今後はどうしようかな…

なおこれは3階席にいた私個人の感想。他の人のレビューを読みたい。

f:id:kirara_397:20100523134929j:image

f:id:kirara_397:20100523134622j:image

独演会パンフレット

先日、桂歌丸師匠の独演会を見物してきました。肺炎を患ったことが報じられ、どうなることかとドキドキしてましたが、無事開催の運びに。人生初の落語見物でした。

会場

頂いた演目パンフを開くと、弟子の翔丸、歌助の出番もありました。これは歌丸師匠の体調を考慮した「独演会」からの変更だったのかも?

周りを見渡すと、老若男女で大入り満員でした。

開幕

歌丸師匠登場。

「先程楽屋裏で『笑点は生放送なんですか?』と質問されたのですが、だったら今、私がここに居られる筈ないですねw」といった笑い話など。

演目

  • 「牛ほめ」 by 桂 翔丸
  • 「火焔太鼓」 by 桂 歌丸
  • ~仲入り~
  • 「都々逸親子」 by 桂 歌助
  • 「真景累賀ヶ淵」より豊志賀の死 by 桂 歌丸

豊志賀の死

始まった途端、隣の若い兄ちゃんが正座して聴き始めた。

やはり歌丸師匠は女の演り方が上手い。というか声質に合っている。咳はしていたけど、苦しそうな素振りはなかった。

しかし…冒頭挨拶の笑い話は、この怪談話への伏線だったのかも。だとしたら歌丸師匠、おそろしい人…!

以上

上演後に掲載された演目詳細

満足点としては

  • 歌丸師匠の生存を肉眼で確認
  • 初の生落語を堪能できた。怪談話は圧巻
  • 落語の舞を初めて見た
  • 聴衆の様子が面白かった(クラシック演奏会などと違い、リラックスした雰囲気。咳やクシャミはし放題。面白ければ笑い、注目の題目は正座して聞き、つまらなければ寝る!)

不満点としては

  • 音響か空調か分からないが、変な高音が始終右の方から聞こえていた

といったところでしょうか。

アンケートには「次は六代目円楽を聴きたい」と書きましたが、それより林家木久扇の本気が見てみたい気もします(笑)。

会場の関内ホールさん、また機会がありましたら、是非よろしくお願いします。ありがとうございました。

P.S.

Google検索で「桂歌丸」と入力すると「桂歌丸 死去」がサジェストされるのはどういうことなの…w

30分遅れで会場入り。ちょうどボレロの解説が始まるところでした。

Twitterログ

  • #nodame コンサート@NHKホール、オワタ。 posted at 21:43:52
  • #nodame コンサート会場出口が大変なことに。 http://flic.kr/p/7vG635 posted at 21:47:11
  • #nodame 今夜からフィナーレ編アニメ始まるらしい。 posted at 21:47:24
  • 客層が多彩だったな。老若男女。プログラムくれないのかーと思ったら帰りに渡された。 #nodame posted at 21:49:19
  • ベトベン第7番を聴き逃したのが惜しかったな。最初に大曲演るなよw #nodame posted at 21:50:53
  • NHKホールって音響良くないのかな。席が悪かったのか。音がイマイチだった。 #nodame posted at 21:58:04
  • フジテレビ主催ということもあって、MC中はアニメや映画のシーン、演奏中は奏者のアップなどがバックスクリーンに映されてた。しかしカメラワークがかなりヘボかった。コロコロアングル変わるのが鬱陶しいし。 #nodame posted at 22:02:06
  • 純粋なコンサートと思ってたのに、かなりMCとか番宣に時間が費やされた。おかげでこの時間。子供たちが眠そうだった。 #nodame posted at 22:04:28

他のレポート

すでに詳細なレポートがたくさん上がってるので、細かいことは任せますw

以上

大変手抜きなレポートでしたw

楽しみだったボレロをしっかり聴けて良かったですが、テンポとか音色が好みからちょっと外れていたかも。派手めに演出されてた気がします。でもやっぱり楽しかったですよ!

先月は「ヱヴァンゲリオン:破」(以下「ヱヴァ」)、今月に入って「サマーウォーズ」(以下「サマウォ」)を観ました。それぞれ結構な数のレビュー記事がすでに出てますので、私は両作品に共通している点をテーマにして適当に書いてみましょう。ネタバレしない範囲で。

キャラクターデザイナ:貞本義行

それだけっちゃそれだけだが、彼のデザインは何年経っても人を惹きつける力があるように思う。

エンターテイメント性

これはもう理屈ではない。クライマックスであれだけのカタルシスを得られるなら、そこに理屈は不要。細かい考証など些事。

細かいパロディが仕込まれてるのも、気づいた者を楽しませてくれる。

やりこみ性

何度も観ないと分からない、細部の描写。「やりこみ性」はゲーム用語だが、映画用語でピッタリ来るのを知らないので。

話題性

「ヱヴァ」はTV版、旧映画版での実績があり、満を持しての新劇場版。それも好評を持って迎えられた「序」の続編。これで話題に上らない方がおかしい。

「サマウォ」は「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督の新作品という事で話題になった。…まぁ、「ヱヴァ」には負けるが。

小学生から大人まで、老若男女が観に来ていたのはこのせいか。今までの「大人向け」アニメ映画とは一線を画しているように思えた。

以上

簡単でしたが、いかがでしたでしょうか?「ヱヴァ」のレビューを書こうと思ってたら「サマウォ」が始まっちゃったので、まとめて書きました。なるべく冷静な文を心がけましたが、本心ダダ漏れにしたら大変なことになります。それくらいパワーのある作品です、両方とも。

ご興味をもたれた方はぜひお近くの劇場へ*1

ネタバレ部屋開設中

を開設中です。感想やネタバレを話したくてたまらない人はここでスッキリすればいいよ。

*1:「サマウォ」の上映館は限られてますが、「時かけ」よりマシです

夢を見ました。

天空高くそびえる東京タワー(?)へ屈強な男達にソイヤーと投げ飛ばされ、無限とも思える登頂を目指す(なぜかNASAと競ってたりする)。遂にたどり着いた頂からふわりと飛び立った先は、無重力の…

みたいな感じ。訳が分かりませんねw

というのも、昨夜ふたつのスピカ 15を読んだからに相違ありません。宇宙飛行士を目指し宇宙学校で互いに競い合い、励まし合って進んできた物語、ついに主人公たちが一つの終着点に辿り着きました。

4年生に進級できるのはたったひとり。そのひとりが決まれば、あとはみんなそれぞれ新しい進路に向けて、歩きはじめます。府中野、ケイ、マリカ、そしてアスミ……。ついに宇宙学校を卒業する日がきます。

ついに、ここまで来た。宇宙へと至る糸は、たった1本。その糸を掴むのは誰か。みんなの進む先は。…あの大ゴマは反則だ。

次の16巻で最終刊。10月23日発売予定とのこと。遠いとは思いません。9年、待ったのですから。

東京オペラシティ コンサートホールにて、ピアニスト梯 剛之のリサイタルがありました。

エリーゼのために WoO.59

遅刻。聞き逃す。

終わったところで桟敷席に滑り込む。狭い。

7つのバガテル op.33

梯、場内が静かになるのを待つ。

…弾き始める。あふれ出す濃厚な音。痺れるような重低音。変わらない。梯の本質は何年経っても変わらない。まるで濃厚なワインを椀子そばのように注がれ続けているような、めくるめく音の嵐。これこそ梯だ。

エロイカの主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調 op.35

酩酊。あまりに濃厚で重厚な音に包まれて酔う。

ぼんやりしてクラクラしてるうちに終了。

休憩

梯の両手が、指先を除き白い布で覆われていた。腱鞘炎か?

ピアノはスタインウェイではなくベーゼンドルファー。変えたか?

ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57「熱情」

爆発するフォルテシモ。もはや轟々たる雷鳴。

第2楽章でも重々しさは変わらない。濃厚。ひたすらに濃厚。途中から少し甘やかさが加わったか?

間髪入れず第3楽章に移行。斬馬刀で切り刻まれるような激しさと力強さ。

万雷の拍手。

ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110

今日一番の優しいタッチで始まるが、やがてお得意の豪音。再び優しいタッチ。入れ替わり、立ち替わり。

最終楽章。優しく暗く甘い。これが晩年のベートーヴェン。ショパンを思わせるロマン性。

万雷の拍手。万雷の拍手。

アンコール

まずは月光ソナタ第1楽章。暗く甘い。暗く甘い。大変に美味しい。

万雷の拍手に包まれて、再びアンコール。

ピアノ・ソナタ第7番より第3楽章・メヌエット。

穏やかな軽やかな。花園で遊ぶような。

梯、弾き終わってピアノの蓋を「きぃー、ぱたん」。

終了。

振り返って

数年ぶりに梯さんのライブを聴きましたが、やはり凄いの一言。音質が他のピアニストと一線を画します。

ただし音があまりに濃厚なので、連続して聴くのはちょっと疲れるかなーという面もあります。

CDで聴くくらいがちょうどいいのかも知れません。何枚か出ているので、試してみてはいかがでしょうか。

プレイズ・ショパン
梯剛之, ショパン

プレイズ・モーツァルト
梯剛之, モーツァルト

伝説のライヴ
梯剛之, モーツァルト

熱情
梯剛之

自己紹介などしてきました。自信なんてありませんよ。千載一遇と思って飛びついただけですよ。人生短いですから。

某漫画家さんのブログに影響されて、主に「空」に関する本を何冊か図書館から借りてきました。品揃え豊富でいつも助かります。

空の名前

雲図鑑+ビジュアル版歳時記といった感じ。毎日空を見上げるのが楽しくなる本。

「あの雲はなんて言うんだっけ・・・?」

星空の神々―全天88星座の神話・伝承

全ての星座の出自までは知らなかったので満足。星座の数が88に定められたのは1930年。つい最近なんですね。また、プトレマイオスが定めた48星座以降はろくな神話がついてない事が判明して軽くショック。

「聖闘士星矢」の設定は・・・w

星座図鑑 ヴィジュアル版

横浜の夜空だとあまり参考にならないのが残念。それでも「冬の大六角形」が確認できて満足。

長野とか、星が綺麗に見える場所へ行く時に持っていきたい。

目からウロコの脳科学

番外。一度は読んで欲しい「家庭の脳科学」書。ただ「クオリア」に関する論述が物足りない。

第2章「脳と障害」はちょっとキツかったかも。

以上

面白かったー。また読みたくなったら借りてこよう。