Category: movie


先月は「ヱヴァンゲリオン:破」(以下「ヱヴァ」)、今月に入って「サマーウォーズ」(以下「サマウォ」)を観ました。それぞれ結構な数のレビュー記事がすでに出てますので、私は両作品に共通している点をテーマにして適当に書いてみましょう。ネタバレしない範囲で。

キャラクターデザイナ:貞本義行

それだけっちゃそれだけだが、彼のデザインは何年経っても人を惹きつける力があるように思う。

エンターテイメント性

これはもう理屈ではない。クライマックスであれだけのカタルシスを得られるなら、そこに理屈は不要。細かい考証など些事。

細かいパロディが仕込まれてるのも、気づいた者を楽しませてくれる。

やりこみ性

何度も観ないと分からない、細部の描写。「やりこみ性」はゲーム用語だが、映画用語でピッタリ来るのを知らないので。

話題性

「ヱヴァ」はTV版、旧映画版での実績があり、満を持しての新劇場版。それも好評を持って迎えられた「序」の続編。これで話題に上らない方がおかしい。

「サマウォ」は「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督の新作品という事で話題になった。…まぁ、「ヱヴァ」には負けるが。

小学生から大人まで、老若男女が観に来ていたのはこのせいか。今までの「大人向け」アニメ映画とは一線を画しているように思えた。

以上

簡単でしたが、いかがでしたでしょうか?「ヱヴァ」のレビューを書こうと思ってたら「サマウォ」が始まっちゃったので、まとめて書きました。なるべく冷静な文を心がけましたが、本心ダダ漏れにしたら大変なことになります。それくらいパワーのある作品です、両方とも。

ご興味をもたれた方はぜひお近くの劇場へ*1

ネタバレ部屋開設中

を開設中です。感想やネタバレを話したくてたまらない人はここでスッキリすればいいよ。

*1:「サマウォ」の上映館は限られてますが、「時かけ」よりマシです

広告

f:id:kirara_397:20081101194512j:image:right

「レッドクリフ」見に行ったんですよ。レッドクリフ。早々に結論「Part IIは見に行かない」。以下ネタバレ注意。

オープニング

  • 献帝登場。なぜか愚帝扱い(泣
  • 曹操「劉備・孫権は悪い奴らなのでやっつけますよ、いいですね陛下?」(展開早いよ!)
  • 孔融「それはおかしい!」→斬首(えー)

長坂の戦い

  • 関羽がなぜか登場。江夏にお使いに行ってるんじゃ?
  • 趙雲の「長坂一騎駆け」がチンタラ展開。爽快感ゼロ
  • 張飛の「長坂橋仁王立ち」がカット(泣

孔明、孫呉へ

  • 孫権との会見。文官共のgdgdぶりはナイス表現。へっぽこ張昭さん
  • 周瑜との会見。打ち解け方が意味不明

混成軍

  • 孫権が部下引き連れて劉備んとこに挨拶に行っちゃう
  • 甘寧がなぜか「甘興」という架空人物に
  • 孫尚香(弓腰姫)がやけに目立つ。まさか「三国無双」の影響?
  • 前哨戦の陸戦発生。こんなのあったっけ?(しかも独自解釈の「八卦の陣」使用、総司令官・周瑜が出馬、あげくに負傷)

曹操軍

  • いつの間にか「小喬(周瑜の奥様)目当て」という事になってる
  • 兵が船酔いしてるようだが、「連環の計」の気配なし

まとめ

「三国志演義」そのままにするわけには(脚本家的に)いかなかったのだろうけど、それにしてもつまらない。金はかかってるらしいですが。これ、中華の方々は楽しめたのだろうか?

Part IIの予告編も流れたけど、どうも龐統登場の気配なし(=連環の計なし?)。陸戦メインな雰囲気。非常に見たくない感じ。以上。