Category: music


マタイじゃないよ。ヨハネだよ。

パンフレット&チケット

13:30

神奈川県立音楽堂にて、当日券購入。7列25番をチョイス。開場まで暇なのでチラシに一通り目を通す。要らないのを捨てる。2枚保留。荷物を無料ロッカーに預ける。

14:00

開場。座席チョイス大正解、かなり良い位置。但し古いホールなので椅子が狭い狭い。荷物を預けたのも大正解。ステージには、鮮やかな紅の「ラウテンクラヴィーア(リュートチェンバロ)」が中央に鎮座。

ラウテンクラヴィーア

脇に配置されたチェロ、コンバスが対象的に古めかしくて渋い。

舞台全体

14:15

プレトーク開始。ヨハネ受難曲について。成り立ち、構成など。マタイとは一味違うらしい。あとリュートチェンバロについて。ガット弦が張られた特殊なチェンバロで、日本に2台しかないらしい。ソロパートが少し弾かれたが、期待してたよりも割と金属的でちょっと残念だったり。

15:00

開演。指揮者兼リュートチェンバロの渡邊氏、立ったり座ったり忙しいこと。タイミング間違えやしないかとヒヤヒヤする。

リコーダー?がのっぺりしててなんかヤだった。

16:00

休憩を挟んで第2部。エヴァンジェリスト(福音史家)役のエルウィス氏が座っている時、靴下が緩んでスネが見えちゃってることに気付く。立ち姿はビシッと決まっているだけに、面白過ぎた。

17:30

終演。正直長くてキツかった。コラールは美しかったので、今度CD借りようと思う。

雑感

「ヨハネ受難曲」におけるイエスの最期が、映画「ラストサムライ」における勝元盛次(渡辺謙)の最期に似ているように思えた。

  • イエス「成し遂げられた!」ガクッ → 使徒「おお主よ!」
  • 勝元「完璧だ!」ガクッ → 兵隊(無言で土下座)

本懐を遂げて死んだ武士は神格化される。死んだ瞬間、イエスと勝元は同格となる。そう考えれば「ラストサムライ」は武士道の西洋人による純粋な体現ではなかったとも考えられる。かな?かな?

というわけで武士道や聖書をもっとよく知りたくなった。

今回はアンコールを聴かずにホールを抜け出した。

彼の剛音は相変わらず流石なのだが、何か違和感を感じた。打鍵後の響きがどうも宜しくない。決して間違えてるわけではないのだが、何か後味の悪い発音で、耳障りに感じた。しまいには頭痛がしてきたので早めに退場してきた次第。

会場が

  • 空調寒い
  • 客入り悪い
  • 3階席だと音響悪い

のも気になった。特に空調。風邪ひきそうだった。頭痛はこっちが原因かも。

正直、有意義な2時間とは言えなかった。彼のリサイタル、今後はどうしようかな…

なおこれは3階席にいた私個人の感想。他の人のレビューを読みたい。

f:id:kirara_397:20100523134929j:image

f:id:kirara_397:20100523134622j:image

30分遅れで会場入り。ちょうどボレロの解説が始まるところでした。

Twitterログ

  • #nodame コンサート@NHKホール、オワタ。 posted at 21:43:52
  • #nodame コンサート会場出口が大変なことに。 http://flic.kr/p/7vG635 posted at 21:47:11
  • #nodame 今夜からフィナーレ編アニメ始まるらしい。 posted at 21:47:24
  • 客層が多彩だったな。老若男女。プログラムくれないのかーと思ったら帰りに渡された。 #nodame posted at 21:49:19
  • ベトベン第7番を聴き逃したのが惜しかったな。最初に大曲演るなよw #nodame posted at 21:50:53
  • NHKホールって音響良くないのかな。席が悪かったのか。音がイマイチだった。 #nodame posted at 21:58:04
  • フジテレビ主催ということもあって、MC中はアニメや映画のシーン、演奏中は奏者のアップなどがバックスクリーンに映されてた。しかしカメラワークがかなりヘボかった。コロコロアングル変わるのが鬱陶しいし。 #nodame posted at 22:02:06
  • 純粋なコンサートと思ってたのに、かなりMCとか番宣に時間が費やされた。おかげでこの時間。子供たちが眠そうだった。 #nodame posted at 22:04:28

他のレポート

すでに詳細なレポートがたくさん上がってるので、細かいことは任せますw

以上

大変手抜きなレポートでしたw

楽しみだったボレロをしっかり聴けて良かったですが、テンポとか音色が好みからちょっと外れていたかも。派手めに演出されてた気がします。でもやっぱり楽しかったですよ!

東京オペラシティ コンサートホールにて、ピアニスト梯 剛之のリサイタルがありました。

エリーゼのために WoO.59

遅刻。聞き逃す。

終わったところで桟敷席に滑り込む。狭い。

7つのバガテル op.33

梯、場内が静かになるのを待つ。

…弾き始める。あふれ出す濃厚な音。痺れるような重低音。変わらない。梯の本質は何年経っても変わらない。まるで濃厚なワインを椀子そばのように注がれ続けているような、めくるめく音の嵐。これこそ梯だ。

エロイカの主題による15の変奏曲とフーガ 変ホ長調 op.35

酩酊。あまりに濃厚で重厚な音に包まれて酔う。

ぼんやりしてクラクラしてるうちに終了。

休憩

梯の両手が、指先を除き白い布で覆われていた。腱鞘炎か?

ピアノはスタインウェイではなくベーゼンドルファー。変えたか?

ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57「熱情」

爆発するフォルテシモ。もはや轟々たる雷鳴。

第2楽章でも重々しさは変わらない。濃厚。ひたすらに濃厚。途中から少し甘やかさが加わったか?

間髪入れず第3楽章に移行。斬馬刀で切り刻まれるような激しさと力強さ。

万雷の拍手。

ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110

今日一番の優しいタッチで始まるが、やがてお得意の豪音。再び優しいタッチ。入れ替わり、立ち替わり。

最終楽章。優しく暗く甘い。これが晩年のベートーヴェン。ショパンを思わせるロマン性。

万雷の拍手。万雷の拍手。

アンコール

まずは月光ソナタ第1楽章。暗く甘い。暗く甘い。大変に美味しい。

万雷の拍手に包まれて、再びアンコール。

ピアノ・ソナタ第7番より第3楽章・メヌエット。

穏やかな軽やかな。花園で遊ぶような。

梯、弾き終わってピアノの蓋を「きぃー、ぱたん」。

終了。

振り返って

数年ぶりに梯さんのライブを聴きましたが、やはり凄いの一言。音質が他のピアニストと一線を画します。

ただし音があまりに濃厚なので、連続して聴くのはちょっと疲れるかなーという面もあります。

CDで聴くくらいがちょうどいいのかも知れません。何枚か出ているので、試してみてはいかがでしょうか。

プレイズ・ショパン
梯剛之, ショパン

プレイズ・モーツァルト
梯剛之, モーツァルト

伝説のライヴ
梯剛之, モーツァルト

熱情
梯剛之

を読んで。反応遅いですねすみません><

P2Pもそうなんだけども、現代音楽(というより現代芸術全般かな?)って普通の人にとって物凄い偏見があると思う。でも実際に聞かせると意外に聞ける!とかクラシックより面白いよね、という人が多い。現代音楽に触れる機会は残念ながら少ないので、多くの人が偏見を持っているのが実情なんだろうなあ、と考えている。

これには同感。確かにそういう偏見を植え付けてしまった作品は少なくないけど(無調音楽が代表的ですかね)、クラシックの路線を踏襲しつつ新しい境地を開拓した、素晴らしい作品もまた、数多く存在するのです。そういう作品は、クラシック音楽そのものを敬遠しているしている人にも「え!こんな良い曲あったんだ~」と思ってもらえるでしょう。

ということで、Tomoさんご推薦の聞きやすい現代音楽についてReplyします。

カプースチン:「8つの演奏家用エチュード」

→カッコいい!そしてスゴいテクニックの連続

今回初めて知った作曲家。

本当に、実にカッコよくて超絶技巧。クラシックとジャズの融合・昇華。未来に飛躍していくようなイメージ。

私的には、同じ匂いを持つ作品としてディディエ・スキバン:「ポルス・グウェン」をお勧めしたい。

ポルス・グウェン~白い港(ピアノ三部作(2))

ポルス・グウェン~白い港(ピアノ三部作(2))

詳しくはまた別のエントリで。

ライヒ:ナゴヤマリンバ

→ポップで、時間変化が楽しい音楽

未聴だったので購入。

ミニマル調音楽の中でも耳当たりが良い部類に入る。マリンバの森に迷い込んだかのような、不思議な錯覚を受ける。謎めいていて、どんどん奥に誘われるよう。ポンと調が変わった拍子につんのめりそうになったりする。そして突然訪れる森の終わり。ここで物足りなさを感じた人は、ようこそミニマルの世界へ。

ライヒの入門CDと言えば、もう一枚。どの曲も比較的取っつきが良い。

スティーヴ・ライヒ入門

スティーヴ・ライヒ入門

しかしライヒ、今年来日公演してたとは不覚だった。もう70歳を越えてるし、次はないかも…

ピアソラ:「鮫」「ル・グラン・タンゴ」

→大人の雰囲気。BARのBGMで流れている感じ。

ピアソラ作品はタンゴ音楽と前衛音楽のせめぎ合いから生まれる、極めて独特な曲調が魅力。一度病みつきになってしまうと、どれもハズレと思えない。紹介された2曲は比較的アクが少なくて受け入れやすい。ただ、「ル・グラン・タンゴ」は10分を越える曲なので、初心者には敬遠されるかも。ここは素直に「リベルタンゴ」をお勧めしたい。

ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ

ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ

ヨーヨー・マの演奏が有名だが、CDは沢山出てるのでお好みで。

ちなみにピアソラ作品は、演奏者・演奏形態によって結構雰囲気が変わる。ピアソラ自身の演奏でさえ、演奏時期によってずいぶん変わる。なので同じ曲を色々なCDで聴き比べるのも面白い。

吉松 隆:プレイアデス舞曲

→繊細に、そして叙情的に

これは未聴。幸い、図書館にあるようなので来年借りて聴いてみる。要追記。

以上

来年からは私もお気に入り作品のレビュー始めてみようと思います。現代音楽との出会いとかも書きたいですね。

P.S.

「秋の夜長に現代音楽ってどうよ?」と題していますが、もう今は冬です。Vol.2は来年の秋なんでしょうか…?

f:id:kirara_397:20081101155425j:image:right

本日は銀座の王子ホールにて「上松美香 アルパ・コンサート」でした。

相変わらずお元気そうで何よりでした、アルパ奏者の上松美香さん。3日後にパラグアイへ飛ぶとのことで、やはり相変わらず多忙のようで。

曲目は前半がギター曲のアルパアレンジ、後半がアルパ曲(オリジナル含む)でした。

前半のギター曲はどれも有名なものばかりで、すでに何人もの名手が演奏をCD化しているので、それを聴いちゃっていると、どうしても聴き劣りしてしまうような。反面、後半の曲はアルパらしい溌剌とした演奏が聴けたので安心しました。

今回こうした曲構成になったのは、今後はギター曲アレンジもやっていくよーというメッセージなのでしょうか。そういえば父上がクラシックギター奏者だったらしく、影響は大きかったとか。

前半のギター曲と後半に出てきたオリジナル新曲が入ったアルバムが新発売中みたいなので、まとめて聴き直してみたいと思います。

カヴァティナ(限定盤)

カヴァティナ(限定盤)

上松美香LIVE!~2006・春~ [DVD]

上松美香LIVE!~2006・春~ [DVD]

百式の田口さんご紹介によるイベント「ハイビジョンサウンド会議 sponsored by NIRO」に申し込んだら抽選に通ったようです。

で、気がついたら明日です。事前に予習してみた方もいらっしゃるようですが、私は完全ノーガード戦法です。

「なぜ音がそう聞こえるのか?」「映画や音楽、ゲームをもっと楽しむにはどうしたらいいのか?」「高品質の音をとにかく体験してみたい!」ということに興味のある方は是非ご参加ください。

との事だったので、いい音が聴きたい者としては黙っていられません。音楽があるから今の自分がある、といっても過言ではありませんし。明日が楽しみです。

てゆーかDVD制作中で忙しいはずなんですけどね!ごめんなさい関係者の方々 m(_ _)m

昨日買ったCD

f:id:kirara_397:20080914070623j:image

なんとiTunesのGracenote CDDB に未登録だった!

久しぶりにトラック名を手入力してCDDBに送信。

f:id:kirara_397:20080914071212j:image

@ミューザ川崎。

f:id:kirara_397:20080913135614j:image

ノヴォシビルスク室内合奏団、入場。続いて主役のバラホフスキー氏、入場。

あ、彼だけピカピカに輝いた、ワックスされた靴を履いてる。他のメンバーの靴は全員つや消し。

こういうのに気づいた事なかったなー。今度から気をつけて見てみよう。

第1部

前奏曲(無伴奏パルティータ第3番 BWV.1006より)/J.S.バッハ

山奥で湧き出した石清水のようなイメージ、澄み渡った清らかな音が、バラホフスキーのバイオリンから溢れ出る。これはただ者ではない。

アリオーソ(教会カンタータ BWV.156より)/J.S.バッハ

コントラバスの音がたまらねー!渋い!

夜想曲第2番 op.9-2 & 夜想曲第20番 遺作/ショパン

バイオリンの高音域の鳴きがたまらない!

タイスの瞑想曲/マスネ

ビブラートが利いてていい感じ。癒し。

愛の喜び/クライスラー

聴けば分かる、馴染みあるメロディー。

美しきロスマリン/クライスラー

ワルツ。リラックス。この辺からウトウトと…以下略。

休憩時間

珍しく「ひばり/ディニーク」が収録されてるCDが売ってた。「国内では入手できないCDです」と言われてつい買った。予想外の出費。

第2部

第1部後半のノリだったので、最後までまったりと聞き流す。もともと「ヒーリング・クラシックス」なんだし。

あ、終わったのか。ぱちぱち~。

おしまい

f:id:kirara_397:20080913160820j:image

アンコール曲。

ホルトラツスキー「想い出」はジャズ風の曲。ロシア人の曲とは思わなかった。ていうか何者?ググってもでてこないんだが。

f:id:kirara_397:20080913161735j:image

Performed by かわさき市民オーケストラ2008。

シベリウス「フィンランディア」

  • 金管の音が大ざっぱ
  • 弦が金管に負けている

それでもプロか!

と思ったけどアマでした。仕方ないか。

グリーグ「ペールギュント」

  • 木管がとぼけたいい感じ
  • 気持ち良くなって「朝」の途中から最後まで寝た

チャイコフスキー「交響曲第6番『悲愴』」

  • 珍しくビオラの見せ場があったのに残念なことに
  • やっぱり弦が金管に負けてる
  • 木管はソロはいいけどハーモニーがイマイチ

まぁ、市民楽団としてはなかなかだったのではないでしょうか(偉そう)。

f:id:kirara_397:20080831162922j:image