Category: design


お久しぶりです。今回はプレスリリース告知協力です。

NPO法人 ハーモニー・アイと「みんなの声で選ぼう!だれもが使えるウェブコンクール実行委員会」は、毎日新聞社ユニバーサロンとの共同企画で、10月7日(水)に毎日新聞社にて公開討論会「“だれもが使えるウェブサイト” ~企業サイトのアクセシビリティでビジネスチャンスをつかむ~」を開催します。

概要

ウェブサイトにとって大切な「だれもが使える」「多くの人に使いやすい」ということ。

このことは、ウェブの利用者に利便性を提供するだけでなく、ウェブサイトを提供する企業にも有効なビジネスチャンスをもたらします。しかし、多くの企業のウェブサイトは、使いやすさへの配慮が足りないために、ビジネスチャンスを逃しています。

シニアや障害者、パソコンに詳しくない一般の人々がどのようにウェブを利用し、どのようなウェブを望んでいるのか。

使いやすさへの配慮がビジネスチャンスにつながるとは、どういうことか。

企業ウェブサイトのアクセシビリティで、直接的なビジネス効果を出すためには、どのように取り組めばいいか。

毎日新聞社ユニバーサロン編集長の岩下氏をモデレーターに、パネリストが本音で討論します。

登壇者

  • モデレーター:
    • 岩下 恭士 氏 (毎日新聞社 デジタルメディア局 ユニバーサロン編集長)
  • パネリスト:
    • 馮 富久 氏 (株式会社技術評論社 クロスメディア事業部部長代理)
    • 安田 英久 氏 (株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長)
    • 曽根 清次 氏 (社団法人長寿社会文化協会(WAC) 関東ネットワークセンター 事業推進部長)

他、アクセシビリティに積極的に取り組みをされている企業様にも出演依頼中。

日時

2009年10月7日(水) 19:00 から 20:30 (公開討論会後、会場にて軽い交流会を予定)

場所

毎日新聞社 東京本社 4階フリースペース (東京都千代田区一ツ橋1-1-1)

参加費

無料 (交流会参加者は1000円)

定員

50名 (申し込み多数の場合、抽選)

詳細と無料申し込み

http://daremoga.jp/

こんな方にお勧め

  • 企業・団体・公的機関のウェブサイトの担当者
  • ウェブ制作会社・広告会社の方
  • ウェブサイトのアクセシビリティに興味のある方

主催

後援

告知協力サイト(順不同)


なお、高齢者、障害者や多様な環境でもアクセスできるウェブを表彰する「みんなの声で選ぼう!だれもが使えるウェブコンクール」の募集が同日開始されます。

「みんなの声で選ぼう! だれもが使えるウェブコンクール」とは

インターネットの活用はすごい勢いで発展し、今や多くの市民もそのシステムを活用するようになってきています。

その窓口ともなるウェブサービスは、みんなの可能性を広げてくれる大切な役割を担っています。

しかし、現在残念ながらまだまだ確実にだれもがアクセスできる、使いやすいウェブの広がりは発展途上です。

特に、高齢者や障害者、ITには不慣れなユーザなどは、おいてけぼりになりがちです。

また、ウェブへのアクセス環境もここ数年で、携帯電話はじめとする様々な環境が一般的に広がりをみせています。

そこで、このコンクールにおいて「おいてけぼり」になりがちな障害者、高齢者の市民モニターへも参加いただき、その意見も参考に、利用者視点を重視した使える、使いやすいウェブを審査し表彰させていただきます。

だれもが使えるウェブ発展のために!

「公開討論会」および「だれもが使えるウェブコンクール」のお問い合わせ

NPO法人ハーモニー・アイ 事務局

〒135-0042 東京都江東区木場3丁目14番11号205

メールアドレス: harmony-i@harmony-i.org

※お知り合いの方、同僚、クライアント等にご紹介いただければ嬉しいです。ご自由に転送ください。

との事です。

広告

 米eBay傘下のルクセンブルクSkypeは現地時間2009年5月27日,次期Windows用IP電話ソフトウエア「Skype 4.1 for Windows」のベータ版を公開した。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。対応OSはWindows 2000/XP/Vista。

インターネット経由でパソコンの画面をほかのSkypeユーザーと共有できる新機能を搭載。現在は1対1の片方向共有だけに対応しており,一方のユーザーが相手のユーザーの画面を共有することしかできない。また,アクセシビリティ改善策の一環としてキーボード・ナビゲーションを改良し,視力障害者向け読み上げソフトウエア「JWAS」やユーザー補助機能「Microsoft Active Accessibility(MSAA)」に対応した。

Windows用「Skype 4.1」のベータ版が公開,画面共有が可能に

JAWS」の間違いですね。日本ではユーザーが少ないですが、海外ではメジャーなスクリーンリーダーです。MSAAは…初耳でした。

以前から視覚障害者の方々はSkypeを使ってらっしゃいますが、今回のバージョンアップでより使いやすくなったということでしょうか。

 電気モーターとエンジンの両方を搭載したハイブリッド車(HV)とエンジン車の違いを知ってもらう体験会が24日、宮若市上有木のトヨタ自動車九州で開かれた。県内の視覚障害者ら約30人が参加し、エンジン車に比べ静粛性の高いHVの走行音などを体感した。

 同社が、聴覚を頼りに安全を確認する視覚障害者に、今後の普及が予想されるHVの特徴を知ってもらおうと企画。HVは信号待ちで停止したり、低速走行すると電気モーターだけが動き、エンジン音がしないため、音だけでは接近に気付きにくいという。

 体験会では、エンジン車とHVの2台を低速で走らせたり、横断歩道でHVの接近に気付くかどうかを確認。参加した直方市下境の介護士、徳永五月さん(65)は「ハイブリッド車は近くを走っても路面とタイヤの摩擦音しか聞こえない。外出時は注意が必要とわかりました」と話していた。

(2009年5月25日 読売新聞)

静かなハイブリッド車視覚障害者ら体験トヨタ九州 : 福岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

視覚障害者がハイブリッド車に恐怖を感じている事は、以前から話題になっています

私は将来的には路面とタイヤの摩擦音も静音化されていくと考えています。そうなると、やはり人工的に「自動車の音」を発する必要がありそうですね。これは音環境デザインの分野なのでしょうか。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kirara397-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4339011126&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

f:id:kirara_397:20090327162451j:image:right

第3回情報デザインフォーラムが去る3月27日に開催されました。

既にレポートや感想記事は出尽くしていますが、今更ながら私なりに振り返ってみたいと思います。

関連記事

増井俊之氏 (id:masui, @masui) の基調講演

f:id:kirara_397:20090327182246j:image:right

講演内容は2009/3/4 ユビキタス時代のユーザインタフェースとして公開されていますので、その場で話された言葉を中心にメモ。自己紹介から始まり、開発した各種WebサービスやUbicomp(ユビキタスコンピューティング)について興味深いお話が聞けました。

iPhone
  • 最初は何やらされるか知らなかった!教えてもくれなかった
  • 予測変換を開発
  • あまり好きじゃなかったけど最終的にアレになっちゃった
Apple Inc.
  • 綺麗な「キャンパス」
  • 個室で開発
  • 「研究所」無し(ジョブズ以来)
  • 秘密主義(他人が何やってるか分からない。面白くないかも)
  • 開発システムは比較的普通
    • Subversion, make, …
    • Xcode, Cocoa, BBEdit, …
  • 無線LAN完備
    • ビジタが自由に使える
    • 社員は有線LANを利用
  • 景色のいいところ(現場は秘密)
Webサービスの良いところ
  • 便利に使える
  • どこでも使える(ケータイ等)
  • インストール不要
    • パロアルトの連中でもインストールは嫌がる
  • 実運用のユーザテスト
  • 情報一元化
  • 集合知
  • 情報共有
  • 全世界の情報検索
  • 既存サービスとのマッシュアップ
  • 流行れば大儲け!?
    • Googleが買いにこないかな~と待っている(笑
増井のサービスの特徴
  • ユーザ登録無し
  • パスワード無し
  • 単純で有用なモノを目指す
本棚.org
  • Web上で情報共有
  • 登録の敷居が低い(コメントは書かなくてもよい)
本棚演算
  • 簡単なデータマイニング
  • 推薦システムができる
  • Webサービスになってる(あまり盛況ではない…)
  • ex.「三四郎」に関連する本
地図帳.org
  • 特定の場所の地図帳を作れる
  • マニアしか登録してくれない(笑
    • 場所を登録するのが面倒なのだろうか?
    • 本と違って、自慢にならないからだろうか?
QuickML
  • MLを自動的に作れるサービス
  • WikiとMLの融合は便利で楽しい
IQAuth
  • 画像なぞなぞ認証
    • 画像がパスワード代わり
  • 画期的なはずだが、お声がかからない(笑
  • 本棚.orgで利用
なぞなぞ伏字システム
  • ある順番でクリックすると表示される仕組み
FeedTV
  • フィードをテレビのように眺める
  • 「眺めるインタフェース」
  • 「これはひどい」「あとで読む」
Lexierra
  • ブラウザで文字入力
  • 全ての変換をJSで実行している
  • IMEがなくても日本語入力できる
  • 絵文字も入力できる
  • GMailでも使える
  • 「fukei」で風景画像、「sakana」で魚画像が入る
  • Gyazoと連動して変換画像を増やせる

等々。あと、「Webサービスとの融合」として

が紹介されたのが興味深かったです。今までにも、既存デバイスとコンピュータを連動させる例は数多くありましたけど、これほどリアルとネットが融合し始めたのは最近じゃないかなと。

このほかにもPhidgetsGainerArduino等が紹介され、ハードウェア制御の敷居がかなり低くなってきていることを強調されていました。

ユビキタス=ユニバーサルデザイン
  • いつでも/どこでも/誰でも
  • 人間の能力の強化(e.g. 眼鏡)
  • 直感的なシステム実現の基礎技術
    • 小型コンピュータ
    • ネットワーク
    • センサ
    • 操作手法の工夫
      • 直感的にする工夫
        • なめらかな操作性
        • 可逆的/連続的
        • 目的と操作のわかりやすい対応づけ (e.g. 自動ドア)
富豪的UbiComp(従来)
  • 特殊なセンサをたくさん利用
  • 専用の家を建てたり
PMUC(Poor Man’s UbiComp)
リモコン?
  • 明らかな問題点
    • ボタンが多くて機能が分からない
    • 紛失しやすい
  • 本質的な問題点
    • 操作対象ややりたいことと関係ない方向に
  • 直感的でない操作
直感的なCDプレーヤ
  • 「置くだけ主義」による情報家電制御
  • CDを置くだけで音が鳴る
直感的なデータ転送
  • CDを挿すとコピーされて別のCDに焼かれる
  • CD-ROMはセンサ/アクチュエータ!
障害者用レジ
  • 数字左右硬貨の変換が不要
  • GUIインタフェース
  • 便利な道具は最初、障害者用と思われがち
PMUC用入力デバイス
  • 安くてロバスト
  • 装置の制約
  • 実世界GUI
    • FieldMouse
      • ID認識装置+動き検出装置
      • 傾きセンサとバーコードリーダー
      • ジェスチャーで音量コントロール等
    • MouseField
      • 「置いて動かす」だけでコントロール
      • 音楽鑑賞、テレビ鑑賞
    • テーブル型MouseField
  • 実世界指向プログラミング
    • 各種のセンサを統一的に扱う
    • 気合いブックマークプログラム
    • Turple Space
    • Lindaによるプログラミング
Processing
まとめ
  • 様々なWebサービスの
  • ハード-ソフトの敷居が消滅
  • ユビキタスにWebを使おう!

パネルディスカッション

  • 最近の人には新しいものへの抵抗があるのでは?
    • 冒険が必要
    • ユーザーの要望ではなく開発者の創意で生み出す
    • 自分の使いたくないものは作らない
  • Appleでは同僚の反応が得られない。Googleは良い。
  • 数万人レベルのユーザーテストでないと信用できない。
  • SFCではどのような教育を?
    • 学生と何でもいろいろ作りたい。
  • 横の人が話そっちのけでひたすらデッサンしてるw
  • 何も知らない人にすぐ使えるようなデザインとは?
    • 人間学習してモノを使えるようになる
    • ゼロから何か使えるようになるなんてあり得ない
    • ちょっとの努力で使えるようになるのが重要じゃないか?
  • イードの棚橋さん「見た目で動かない場合に標準化していく過程とは?」
    • 新たなインタフェースの発明が必要。
  • 発想の仕方は?
    • 不便-面倒くさいと感じること
    • 知識は必要(入力)
    • 寝る(寝てる間に色々解けて出力できる)
      • 例:釘を13本使うパズル
    • IDEOのビデオ。数人が1週間で生み出すデザインより、一人が数年かけて生み出すデザインの方がいいと考えている
  • 私(棚橋)はIDEOの手法を支持している。(ここで会場、凍り付くw)

f:id:kirara_397:20090327182153j:image

オープンディスカッション

f:id:kirara_397:20090327184120j:image:right

「隣の部屋に移ってくださーい」との指示を受け、どやどやと移動する一同。そこには酒・お茶・肉・野菜が所狭しと! あ、あれ?ディスカッションは?

「乾杯ー!」

f:id:kirara_397:20090327184258j:image

立食パーティ形式でのおしゃべり会でした。学生7割、先生方2割、社会人1割といったところだったでしょうか。部屋の四方には学生さんたちによる研究成果がパネル展示されていました。

f:id:kirara_397:20090327185240j:image

f:id:kirara_397:20090327193546j:image

学生さんの話を聞いてみると

  • とにかくペルソナ手法のカリキュラムが各校で定着している
  • 有志がゼミに入ってHCDを学ぶ感じ(学校によるだろうけど)

という印象を受けました。

あと増井さんが「Processingは簡単だよ!子供でもできるよ!」と力説してた気がします。Processingもやってみようかなぁ。

お開き

お開き

つい学生気分になって片付けの手伝いなどしてしまいました。途中で断られました。

どうもこの後は関係者で打上げ会をして、帰りには電車内でパネルを使ったプレゼンが行われたらしいです。見たかったなぁ。

最後に

少々長くなりましたが、いかがだったでしょうか? 1ヶ月も寝かせてしまったので旬は過ぎているんですが、もったいなかったので…。

私の感想としては、開発者、教授、学生、デザイナー等がそれぞれの立場で教訓を得たり情報交換を行ったりして、面白いイベントだなぁと思いました。天才 vs. 集合知なんてシーンもありましたし。あと、本題とはちょっとずれちゃうんですが、最近の学生のUCDやペルソナ手法との距離の近さが新鮮でした。もう概念としては当たり前になりつつあるんですね。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kirara397-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4873113784&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

1st iPod

昨日、「IA Spectrum」浅野さんの誘いで、UXBC Tokyo「iPodは何を変えたのか」に参加してきました。UX Book Club Tokyoは東京界隈で開催されるUX関連の読書会です。

課題

今回の課題本は「iPodは何を変えたのか?」(スティーブン・レヴィ著)。10章からなるこの本を5名が2章ずつ分担して要約、当日1章から発表してディスカッションするという形式でした。ただし担当章は各人バラバラで、私は

  • 5章 ダウンロード
  • 7章 ポッドキャスティング

が割り振られました。でも後日浅野さん曰く

みなさんがお好きそうな章を割り振ったんですよ

とのことで、そう言われれば特に興味深かった章だったような? 浅野さん恐るべし。ちなみに参加者は以下の通り:

私だけ独自ドメイン持ってませんね。あははー。準備中…。

参加が決まってから間もなくして、本を注文して読みました。読了後の感想

読み応えあった。題名に偽りなし。iPodを軸に、様々なシーンの変容を描いた物語。iPod最高!

でした。

その後担当章の要約に取りかかったわけですが、これがなかなか筆が進まず苦労しました。たまたま「200x年に…」といった記述が多かったので、年表形式にしてムリヤリまとめました。完成は読書会当日朝。危ない危ない。

当日の様子

さて、上述のように午前中に資料をまとめ、PDFにして読書会サイトにアップロード。午後2時、会場の渋谷は松涛のメディアプローブ株式会社さんへ到着しました。清潔で落ち着いた社内にさりげなくBGMがかかっていて、とても好感の持てるオフィスです。

しばらくしてメンバーが揃ったので、スタバのコーヒーとクッキーが香る白い丸テーブルを5人が囲み、読書会開始。もちろん本に書かれた内容が中心に話が進むのですが、所々それぞれの所見が入ったり、あるポイントで次々と意見が上がったりして、非常にエキサイティングな読書会でした。なにより5人という規模が絶妙だったと思います。

終了は午後5時半。あっという間の3時間半でした。私だけ最後にiPodとiTunesの年表をプリントアウトしたやつをいただいちゃいました。主催の浅野さん、会場のメディアプローブさん、素晴らしい機会を提供していただき、誠にありがとうございました。

議事録は後日UXBCのサイトにアップされる予定です(担当は自分だ、忘れないように!)。

ただ一つ

お借りしたお手洗いで水の流し方が分からなかったりして。便器本体に銀色のレバーがあったのでソレを回したのですがどうもおかしい。動作音が「ギリギリギリ」。なんかヤバい(笑)。正解は、横の壁に取り付けられたスイッチを押せば良かったのでした。私の視野が狭かったのも原因ですが、トイレを壊しちゃうかと思いました。

終了後

木達さんの記事にありますが、用事があってお帰りになった浅野さんを除く4人で、韓国料理を共に食しました。私は辛いのが苦手なのですが、ここの料理はなんとかセーフでした。韓国ビールを初めて飲みましたが、日本のと違ってやさしいのどごしが新鮮でした。

最後に

学生時代、私はアルバム単位など無視し、好きな曲単体を色々詰め込んだテープを作って楽しんでいたのですが、それを友達に笑われた事があります。しかし2001年1月にiTunesが登場し、曲のシャッフル機能が提供された時、Appleが自分を肯定してくれた気がしました。さらに同年11月にはiPodが登場し、自分のライブラリを持ち歩けるようになりました。この上ない喜びでした。この日、それをもう一度思い出せて幸せでした。また、全世界に好意的に受け入れられるiPodのデザインの凄さを改めて再確認できました。

ただ、スティーブ・ジョブズやジョナサン・アイブが退場した後のAppleは大丈夫なのか? という懸念はつきまといます。私はAppleが「スティーブ」や「ジョナサン」という名のペルソナを徹底的に作り上げて、彼らの影響力を維持し続けようとするのではないか? と想像します。「スティーブはそんな事言わない」「ジョナサンならこう作る」とかやるわけですね。

果たして「未来のモノのデザイン」はどうなるのか? クールなメーカーとしてAppleは在り続けられるのか? 最後にはそんな事を考えさせられました。

私は一生涯をかけてAppleをウォッチしていきたいと思います。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kirara397-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4797334150&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=FFFFFF&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=00FFF9&bc1=000000&bg1=1C1C1C&f=ifr&npa=1http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kirara397-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4788511347&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=FFFFFF&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=00E1FF&bc1=000000&bg1=1C1C1C&f=ifr&npa=1

本日発行の麻生内閣メールマガジン第19号は [介助犬との出会い] でした。総理官邸に、手足が不自由な方々とその「介助犬」が訪れたようです。

  • 介助犬は補助犬の一種で、身体の自由が利かない飼い主を助け、ドアを開けたり、着替えを手伝ったりする
  • 介助犬常に生活をともにし、コミュニケーションしながら、飼い主の大きな心の支えにもなっている
  • 介助犬は1年に及ぶしっかりとした訓練が必要である
  • いまだ、全国で44頭しかいない
  • 今でもまだ、レストランをはじめ、さまざまな場所で、受け入れを拒否されることがある
  • 補助犬は、身体が不自由な方々の、身体の一部とも言えるパートナーである
  • 一人でも多くの人に、そのことを知ってもらいたい

といった事が書かれていました。

2月13日には、日本介助犬協会会長らによる表敬があり、今年春にオープン予定の、介助犬と訓練士を育成する全国初の専門訓練施設「シンシアの丘」について説明されたそうです。

ふと「そういえばシンシアってどうしてるのかな」と思って調べたら…2年前に…。合掌。

内閣に福祉関連にも関心を持って頂けるのは幸いなことです。世界不況ともなるとおざなりにされそうですが、今まで以上に取り組みを進めて欲しいものです。心豊かな未来のために。

ITコンサルティング・ファームアライド・ブレインズが、政党ウェブサイト全ページクオリティ実態調査を実施し、2009年2月13日に調査結果を発表しました。

これを受けていくつかのメディアが報道しています:

今回も、同社の品質解析プログラム「CRONOS2(クロノス2)」を用いて調査され、米共和党の先進性と、その他政党の低クオリティぶりが明らかにされた格好です。

なお、なぜ「日米韓」を選んだのかは明らかになっていません。

デザインする人に必要な能力は?という記事がDESIGN IT! w/LOVEで書かれています。昨日、gooリサーチのアンケートモニターで(非デザイナー向けに)全く同じ問いが出てたのでちょっとびっくりしました。

著者の棚橋さんは、この問いを以下のように分類して解いています:

  • 知る・感じる・疑問に思う
    • 利用者を知る
    • 物を知る
    • 利用環境を知る
  • 解釈する・発想する・組み立てる
    • エコシステムとして捉える
    • 要件のモレはないか
    • 利用者の動きをシミュレートできているか
  • 具体化する・検証する・洗練させる
    • 普段から物を見る目を養っておく
    • 視点を変えて検討する
    • とにかくいじくりまわす
  • 仕事をはじめ、終わらせる
    • プロジェクトの計画案をきちんと定義できる
    • 異なる部門間や外部の関係者も含めた協働作業ができる
    • デザインする場、協働作業を行う場のマネジメントができる、演出ができる
    • 関係者に対して自分の考えを伝え、他人の考えを聞くコミュニケーションができる
    • 安易に妥協せず、こだわりをもって最後まで仕事をやりとおせる
    • 積極的にチャレンジする精神をもって仕事に立ち向かう

ウチはお抱えのデザイナーを雇っているわけではなく、外注のデザイナーさんにこれらを求めるのも酷というものです。

棚橋さんも

当然、このすべてをひとりでこなせる人はいません。なので、デザインするという作業は必然的に協働作業になるわけで、その意味でもいろんな人との協働作業に積極的に参与することが個々人に最低限求められるものになるでしょう。

と仰ってますので、プロジェクトチーム全体として目指すべき指標であると捉えました。というかデザイナーに限った話ではないですね。

ちなみに、前出のアンケートでは、私は確か以下のように回答したはずです:

  1. 企画力
  2. プレゼンテーション能力
  3. レイアウト能力
  4. 新技術の吸収力(これは「ビジネスパートナーのデザイナーに足りていない事」として回答した)

どうでしょう? 貴方の身近なデザイナーは、ただの「イラストレーター」になっていませんか?

オフィス近くにあるホテルの駐車場で見つけました。駐車場においてハンディキャップがある方のための駐車スペースを示す工夫です。これだと地面に直接ペイントしていないので、フレキシブルに動かせるのが便利ですね。

(ユーザデザインブログより抜粋)

これはいい。何がいいって立体的に表示してるところがいいです。地面に直接ペイントしているやつって見づらい上に古くなると消えていくんですよね。で、普通車に勝手に止められてしまう。

これだけ目立つ表示になれば、認識せざるを得ないし、第一表示板をはね飛ばして止めるような人はあまりいないでしょう。一石三鳥くらいあるアイデアですね。

無料でオープンソースのWindows用スクリーン・リーダーNVDAのプロジェクトが、Microsoft社から資金提供を受けるとともに、WindowsやIEをサポートする事を正式に認められたようです(Microsoft provides grant to improve NVDA)! サポート許可対象は2点:

  • Allowing NVDA to support Microsoft’s UI Automation API in Windows 7
    (次世代Windows「Windows 7」の「UI Automation API」に対するサポート)
  • Improving NVDA’s support for Microsoft Internet Explorer and other related applications
    (IEとその関連アプリケーションに対するサポート)

スクリーンリーダーは、OSやWebブラウザとの入出力を支援する性格上、各プラットホームの深い部分にアクセスする必要があるので、こうした支援は助かるでしょう。こうなるとWindows 7が急に楽しみになってきますね。

最高のシナリオとしては、Windows 7 の標準アプリとして組み込まれて、日本語でもOK!…となる事でしょうか。