Category: accessibility


お久しぶりです。今回はプレスリリース告知協力です。

NPO法人 ハーモニー・アイと「みんなの声で選ぼう!だれもが使えるウェブコンクール実行委員会」は、毎日新聞社ユニバーサロンとの共同企画で、10月7日(水)に毎日新聞社にて公開討論会「“だれもが使えるウェブサイト” ~企業サイトのアクセシビリティでビジネスチャンスをつかむ~」を開催します。

概要

ウェブサイトにとって大切な「だれもが使える」「多くの人に使いやすい」ということ。

このことは、ウェブの利用者に利便性を提供するだけでなく、ウェブサイトを提供する企業にも有効なビジネスチャンスをもたらします。しかし、多くの企業のウェブサイトは、使いやすさへの配慮が足りないために、ビジネスチャンスを逃しています。

シニアや障害者、パソコンに詳しくない一般の人々がどのようにウェブを利用し、どのようなウェブを望んでいるのか。

使いやすさへの配慮がビジネスチャンスにつながるとは、どういうことか。

企業ウェブサイトのアクセシビリティで、直接的なビジネス効果を出すためには、どのように取り組めばいいか。

毎日新聞社ユニバーサロン編集長の岩下氏をモデレーターに、パネリストが本音で討論します。

登壇者

  • モデレーター:
    • 岩下 恭士 氏 (毎日新聞社 デジタルメディア局 ユニバーサロン編集長)
  • パネリスト:
    • 馮 富久 氏 (株式会社技術評論社 クロスメディア事業部部長代理)
    • 安田 英久 氏 (株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長)
    • 曽根 清次 氏 (社団法人長寿社会文化協会(WAC) 関東ネットワークセンター 事業推進部長)

他、アクセシビリティに積極的に取り組みをされている企業様にも出演依頼中。

日時

2009年10月7日(水) 19:00 から 20:30 (公開討論会後、会場にて軽い交流会を予定)

場所

毎日新聞社 東京本社 4階フリースペース (東京都千代田区一ツ橋1-1-1)

参加費

無料 (交流会参加者は1000円)

定員

50名 (申し込み多数の場合、抽選)

詳細と無料申し込み

http://daremoga.jp/

こんな方にお勧め

  • 企業・団体・公的機関のウェブサイトの担当者
  • ウェブ制作会社・広告会社の方
  • ウェブサイトのアクセシビリティに興味のある方

主催

後援

告知協力サイト(順不同)


なお、高齢者、障害者や多様な環境でもアクセスできるウェブを表彰する「みんなの声で選ぼう!だれもが使えるウェブコンクール」の募集が同日開始されます。

「みんなの声で選ぼう! だれもが使えるウェブコンクール」とは

インターネットの活用はすごい勢いで発展し、今や多くの市民もそのシステムを活用するようになってきています。

その窓口ともなるウェブサービスは、みんなの可能性を広げてくれる大切な役割を担っています。

しかし、現在残念ながらまだまだ確実にだれもがアクセスできる、使いやすいウェブの広がりは発展途上です。

特に、高齢者や障害者、ITには不慣れなユーザなどは、おいてけぼりになりがちです。

また、ウェブへのアクセス環境もここ数年で、携帯電話はじめとする様々な環境が一般的に広がりをみせています。

そこで、このコンクールにおいて「おいてけぼり」になりがちな障害者、高齢者の市民モニターへも参加いただき、その意見も参考に、利用者視点を重視した使える、使いやすいウェブを審査し表彰させていただきます。

だれもが使えるウェブ発展のために!

「公開討論会」および「だれもが使えるウェブコンクール」のお問い合わせ

NPO法人ハーモニー・アイ 事務局

〒135-0042 東京都江東区木場3丁目14番11号205

メールアドレス: harmony-i@harmony-i.org

※お知り合いの方、同僚、クライアント等にご紹介いただければ嬉しいです。ご自由に転送ください。

との事です。

 米eBay傘下のルクセンブルクSkypeは現地時間2009年5月27日,次期Windows用IP電話ソフトウエア「Skype 4.1 for Windows」のベータ版を公開した。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。対応OSはWindows 2000/XP/Vista。

インターネット経由でパソコンの画面をほかのSkypeユーザーと共有できる新機能を搭載。現在は1対1の片方向共有だけに対応しており,一方のユーザーが相手のユーザーの画面を共有することしかできない。また,アクセシビリティ改善策の一環としてキーボード・ナビゲーションを改良し,視力障害者向け読み上げソフトウエア「JWAS」やユーザー補助機能「Microsoft Active Accessibility(MSAA)」に対応した。

Windows用「Skype 4.1」のベータ版が公開,画面共有が可能に

JAWS」の間違いですね。日本ではユーザーが少ないですが、海外ではメジャーなスクリーンリーダーです。MSAAは…初耳でした。

以前から視覚障害者の方々はSkypeを使ってらっしゃいますが、今回のバージョンアップでより使いやすくなったということでしょうか。

本日発行の麻生内閣メールマガジン第19号は [介助犬との出会い] でした。総理官邸に、手足が不自由な方々とその「介助犬」が訪れたようです。

  • 介助犬は補助犬の一種で、身体の自由が利かない飼い主を助け、ドアを開けたり、着替えを手伝ったりする
  • 介助犬常に生活をともにし、コミュニケーションしながら、飼い主の大きな心の支えにもなっている
  • 介助犬は1年に及ぶしっかりとした訓練が必要である
  • いまだ、全国で44頭しかいない
  • 今でもまだ、レストランをはじめ、さまざまな場所で、受け入れを拒否されることがある
  • 補助犬は、身体が不自由な方々の、身体の一部とも言えるパートナーである
  • 一人でも多くの人に、そのことを知ってもらいたい

といった事が書かれていました。

2月13日には、日本介助犬協会会長らによる表敬があり、今年春にオープン予定の、介助犬と訓練士を育成する全国初の専門訓練施設「シンシアの丘」について説明されたそうです。

ふと「そういえばシンシアってどうしてるのかな」と思って調べたら…2年前に…。合掌。

内閣に福祉関連にも関心を持って頂けるのは幸いなことです。世界不況ともなるとおざなりにされそうですが、今まで以上に取り組みを進めて欲しいものです。心豊かな未来のために。

ITコンサルティング・ファームアライド・ブレインズが、政党ウェブサイト全ページクオリティ実態調査を実施し、2009年2月13日に調査結果を発表しました。

これを受けていくつかのメディアが報道しています:

今回も、同社の品質解析プログラム「CRONOS2(クロノス2)」を用いて調査され、米共和党の先進性と、その他政党の低クオリティぶりが明らかにされた格好です。

なお、なぜ「日米韓」を選んだのかは明らかになっていません。

無料でオープンソースのWindows用スクリーン・リーダーNVDAのプロジェクトが、Microsoft社から資金提供を受けるとともに、WindowsやIEをサポートする事を正式に認められたようです(Microsoft provides grant to improve NVDA)! サポート許可対象は2点:

  • Allowing NVDA to support Microsoft’s UI Automation API in Windows 7
    (次世代Windows「Windows 7」の「UI Automation API」に対するサポート)
  • Improving NVDA’s support for Microsoft Internet Explorer and other related applications
    (IEとその関連アプリケーションに対するサポート)

スクリーンリーダーは、OSやWebブラウザとの入出力を支援する性格上、各プラットホームの深い部分にアクセスする必要があるので、こうした支援は助かるでしょう。こうなるとWindows 7が急に楽しみになってきますね。

最高のシナリオとしては、Windows 7 の標準アプリとして組み込まれて、日本語でもOK!…となる事でしょうか。

マイコミジャーナルの記事RBB TODAYの記事ケータイWatchの記事などによれば、株式会社ナビタイムジャパンKDDI株式会社KDDI研究所の3社が、国交省によるユニバーサル社会実現に向けた活動の1つ「神戸自律移動支援プロジェクト」の2008年度実証実験に参画することを発表したそうです。

3社が参加する実証実験は、経路検索サービス「EZナビウォーク」の技術を利用して、バリアフリーを実現しながら屋内外での移動経路を案内するもので、2009年2月6日~2月26日に兵庫県神戸市の三宮周辺、神戸空港周辺で行われるとの事。GPSと地図情報を組み合わせて、様々なユーザーにとって移動しやすいルートを割り出して案内するもののようです。

同プロジェクトWebサイトで一般ユーザーのモニターを募集していますので、近辺の方は参加してみてはいかがでしょうか。

トラベルビジョンの記事によれば、内閣府が「平成20年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰式(第7回)」を行ったそうです。同記事では観光地のバリアフリー化で受賞した「NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター」と「NPO法人 プロジェクトゆうあい」が取り上げられています。

観光、教育、自治体、交通、小売、住宅と、世の中のインフラが幅広く表彰されています。こういう活動が幅広く認知されるといいですね。

CNET Japanの記事によると、iPhoneを音声のみで操作し、メールやスケジュールも読み上げてくれるデバイス「iLane」が米国で発売されたそうです。

iLaneは、iPhoneやBlackberryなどへダイレクトに接続して利用し、音声コマンドのみで操作が可能になる製品。Bluetoothのヘッドホンとセットで提供され、合成された女性の声で、電子メール、音声メッセージ、スケジュールなどを読み上げてくれるとの事。

もちろん日本語版の発売は難しいでしょうが、これがあれば視覚障害者であってもiPhoneが自在に使えるようになるかも。ただ、スマートフォン全般を対象にした製品みたいなので、iTunes等、iPhone特有のアプリをどこまでカバーしているかどうかは…?

デジカメ Watchの記事によれば、株式会社リコーが、同社のフォトギャラリー「RING CUBE」で、「カラーユニバーサルデザインマネジメントシステム規格(事業所編)」の認証を取得したと発表したそうです。

同規格はNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)が施行するもので、館内表示や配布印刷物等についての色覚多様性への配慮によって認証を受けたとの事です(現時点でリコーのニュースリリースには未掲載)。

RING CUBEは銀座にあるようです。今度行ってみようかな。

japan.internet.comのプレスリリース記事によれば、熊本で通信事業・携帯電話販売を行う株式会社グッド・ラックが、バリアフリー、多目的トイレ、AEDなどを携帯電話から簡単検索できる、全国初の携帯版バリアフリーマップ『ハートアシストマップ』の配信サービスを開始したそうです。とりあえず九州版のみのスタートで、今後全国展開を計画しているようです。

なにげにSNS機能が盛り込んであったりするのが気になりますが、すばらしい試みだと思います。今後に注目です。